FXで1000通貨の取引を行うメリットは?

 

FX取引では一般的には10000通貨を基準に売買されますが、1000通貨の取引とは、その10分の1の取引が出来ることを意味します。

 

10000通貨で取引することは、ドルに例えれば1ドルの相場が100円だった時には10000通貨といえば100円×10000で、100万円の元手が必要になります。

 

そうなると一般の人にとっては大金で、とても趣味でFX取引をするということは出来なくなってしまいます。

 

そこで最近では1000通貨取引が行なえるFX取引業者が多く登場していて、誰でも気軽にFX取引が出来るようになっています。

 

そしてFX取引にはレバレッジといって自分の買う金額を倍増出来るシステムがありますが、10000単位の取引では、資金面で余裕のない人はとてもレバレッジなど出来る訳もなく、そのせいで通貨の分散化もなかなか出来ない不利な取引をしなければいけませんが、1000単位の取引ではその点が大きなメリットになります。

 

1000通貨で取引をする最大のメリットは、やはり小額から取引が出来る点です。

 

通常の10000単位で取引を行なうことは、ドルでは1ドル100円の相場で最低100万円必要ですが、短期取引で人気の高いポンドやドルや円と同じく取引量の多いユーロでも取引では、さらに元手が必要になってしまいます。

 

それらは1ドルが100円だとしても、ポンドは150円だったり、ユーロも130円〜150円などと、ドルよりも大きい投資が予想される通貨です。

 

そしてもし自分がヨーロッパの事情に詳しい場合で、ヨーロッパを中心にFX取引を行ないたい時には大きな投資になり、取引自体を諦めなくてはいけなくなり、せっかくのチャンスも逃してしまうかもしれないので、その点でも1000通貨取引はメリットになるでしょう。